« 歌詞を検索 | トップページ | Jewelry day »

2007年6月 9日 (土)

ゲツヨル

HDに録画しておいた「ゲツヨル!/全部みせます!ジブリアニメの真実」をやっと見ました。
冒頭、一枚の絵を見ただけでワクワクしてしまい、見る前から新作映画のためのジブリの宣伝番組だということはわかっていたのに早送りしないで全部見てしまった。
でも、この新作映画に関しては、NHKで放送された宮崎駿監督の特集番組で、もっと貴重なおもしろい情報にふれているから、なぜもったいぶって一枚の絵だけしか公開しないのかわからない。
あえて公開しないというのは、きっと鈴木プロデューサーのさくせ〜んなんだろうな。
まあ、そんな事情はともかく、絵本のようなタッチを思わせるその一枚の絵はとてもよかった。なんと新作ではそのタッチで作られるらしい。
番組の内容はほとんど知っていることばかりだったけど、ひとつおもしろかったのは「耳をすませば」の監督をした近藤喜文さんがあのコナンの豊かな表情を描いていたということ。はじめて知ったよ。
というか、知らなさすぎなのか?
宮崎駿監督と高畑勲監督が近藤喜文さんを取り合ったこともあるほどの才能の持ち主だったんだ。
そう言われれば、コナンのようなオーバーアクションではないけれど「耳をすませば」の登場人物たちの表情が印象に残ってる。
「耳をすませば」が公開されていた当時、毎月のように集まっていたパソコン通信で知り合ったお絵かき仲間には評判がよくなかったけど、この映画はずっと好きな映画のひとつだ。だから、「ふとふり返ると」という近藤喜文さんのスケッチ集を買った時、早くに他界されていたと知ってとても悲しくなってしまった。
お金ないけど、手もとにビデオデッキがないから安いものでいいから買おうかな。しばらく見ていないVHSの「耳をすませば」を見てみたい。

|

« 歌詞を検索 | トップページ | Jewelry day »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲツヨル:

« 歌詞を検索 | トップページ | Jewelry day »