« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | キャラメル »

2006年9月24日 (日)

ちょっと待って神様

「純情きらり」を観ていると、宮崎あおいさんのちょっとした台詞とかナレーションとかに2年前の「ちょっと待って神様」を思い出してしまうときがある。
23日のラストもそうだった。
プロデューサーも脚本家も同じというのは関係があるのかないのか。

物語がよかったというのが一番にあるのだけど「ちょっと待って神様」を観て宮崎あおいという女優さんを知り、おばさんの魂が入れかわりにはいった女子高生役の演技がうまくてファンになってしまった。
それだからか、別の作品で同じ年頃の役を演じているのをみても、すこしたよりない気がしてものたりない。
そういう役だから仕方のないことだけど。

ちなみに「ちょっと待って神様」はDVDにもなってます。
原作は大島弓子の「秋日子かく語りき」

|

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | キャラメル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと待って神様:

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | キャラメル »