« Production I.G展 | トップページ | 押井守監督 »

2005年12月21日 (水)

キングコング

「キングコング」を見て来ました。
監督の思い入れのある作品のリメイクというだけあって、とにかく損はさせない映画なのではという感じです。物語の最後には心が揺さぶられるものがしっかりとあり、最近のハリウッドの3DCGのアニメを見ているからうなずけるけど、キングコングもほんとによく出来ている。
とはいうものの、この映画を見に来てよかったと思ったのは、実は主役のキングコングではなくて、冒頭の大恐慌時代のニューヨークの描写でした。なんといっても暗い時代で、アメリカで生まれたわけでもなくその時代を体験しているわけでもないのに、なつかしいと思ってしまうふしぎな感じがとても映画らしくてよかった。

|

« Production I.G展 | トップページ | 押井守監督 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングコング:

« Production I.G展 | トップページ | 押井守監督 »